国民年金保険料の賢い払い方

保険料基礎知識

このカテゴリでは、国民年金保険料をはじめ、国民年金に関する基礎知識について知ることができます。

国民年金保険料とは?

国民年金の保険料は、年金制度を支えるために必要な今更ですが国民年金保険料とは一体何か?

平成21年度の国民年金保険料

平成21年度の国民年金保険料は月額14,660円。また、前納などの支払方法の違いにより最大で3,690円安くすることも可能です。

平成20年度の国民年金保険料

国民年金の保険料は、毎年のように替わります。減るほうにではなく増える方にです。毎年上がり続けます。平成20年度の保険料は月額14,410円が基本で支払い方法によって実際の納付額が変わっていきます。

支払い方法による損得の差

国民年金には様々な支払い方法が用意されています。国民年金の保険料は通常40年もの長期間に渡って支払い続けるものです。自身にとって得な方法で支払うことにより生涯保険料を安く抑えることができます。

前納制度

国民年金の保険料の支払い方法には、前納と言って通常の納期よりも早く支払う制度があります。民間の生命保険などにもありますね。それと同様に前納することで保険料を安くすることが可能です。前納には色々な種類がありますので、ご自身にとって最適な方法を選択されることをお勧めします。

滞納

国民年金の保険料を滞納している人は山ほどいます。もし、払うお金がどうしても工面できないのなら放置しないで免除の申請をして下さい。払うお金があっても払いたくないというのはあなたのわがままです。払うようにして下さい。

滞納保険料の払い方

国民年金の保険料を滞納している人は少なくありません。あなたもそのひとりかもしれませんね。滞納してしまった保険料は2年以内であれば支払うことが可能です。利息分が取られることもありません。その支払い方法について解説します。

保険料の追納

免除を受けた国民年金保険料は免除を受けた時から10年以内に限られますが、後から支払うことが可能です。これを追納と言いますが、追納の際に抑えておきたいポイントについて解説します。

節税

国民年金保険料は、社会保険料控除という形で全額所得控除を受けることが可能です。この仕組みを上手に活用して節税し、実質保険料を安く抑える。賢く国民年金と付き合う方法の一つです。

ページトップへ